条件で選ぶ
サイズで選ぶ
寝具のサイズは用途によってお選びください。(下記サイズは一般的な直置き用のものです)
 

掛けふとん(横×縦)cm

敷きふとん(横×縦)cm

シングル 150×210 100×210
セミダブル 170×210 120×210
ダブル 190×210 140×210
クイーン 210×210 160×210
キング 230×210 180×210
ベビー 95×120 70×120
ジュニア 135×190 90×185
※ベッド用の敷きふとんはサイズが異なる場合がありますのでご注意ください。
ふとんの硬さ・重さで選ぶ
掛けふとんに重みが無いと、眠れないという方が結構いらっしゃいます。ですが、あまり重量があり過ぎますと、身体を圧迫して健康の為に良くなかったり、寝返りが打ちにくくなってかえって睡眠を妨げてしまう事もあります。
なるべく軽めの掛けふとんでお休みください。羽毛・羊毛がおすすめです。
また、敷きふとんは硬すぎても柔らか過ぎても良くありません。硬さにはお好みがあると思われますが、できれば体が沈み過ぎず、また硬過ぎない適度なクッション性のあるものが好ましいです。
ふとんの用途(敷きふとん)をご参照ください。
赤ちゃんに適したふとん
赤ちゃんは生後2ヶ月くらいは、お乳を飲むとき以外はほとんど眠っており、睡眠時間は1歳くらいまでは13〜15時間です。睡眠時間だけを見ても寝具は大切なものです。赤ちゃんの特徴は、①成長が著しい、②新陳代謝が盛ん、③肌が敏感でかぶれやすい、④骨が柔らかい、⑤温度や湿度の変化に適応しにくい、などが挙げられます。
したがって、敷きふとんには赤ちゃんの体があまり沈み込まない硬めのわたを使ったマット状のものや、表面を凹凸にし通気性や放湿性を高めたものなどがあります。また、掛けふとんには軽くて保温性に優れたポリエステルや羽毛、羊毛、真綿を使ったものがあります。また、ベビー寝具は基本的に掛け・敷きふとんのセット販売が主体ですが、上記のような特徴で選ぶなら単品での購入もできます。
 
Japan Futon Manufacturers Association