点検商法へのご注意

「無料で点検する」と言って高額羽毛ふとんを買わせる
悪質な手口の点検商法が増えていますので、ご注意ください。

≪こんな手口にご注意ください≫

●無料で、又は安い費用で「おふとんをクリーニングします。」
言葉巧みに無料で洗うからとふとんを出させ、「中わたが傷んでいるから洗えない。買い替えた方がいい。」などと言って、高額商品の買い替えや修理を契約させる業者もいます。
●「ダニがたくさんいる。」こんなふとんに寝ていると病気になります。
羽毛は洗浄され、高温で熱風乾燥した後、さらに除塵処理されていますから、ダニや害虫は殆どいません。
また、ふとん側は密度が高く、ダニや害虫が侵入しにくい生地を使用しています。
羽毛ふとんにダニが湧くことは殆ど無いですが、「ダニがいるから・・・」と不安にさせ、契約を迫る業者もいます。
●羽毛ふとんのダニを取るには、「特別な掃除機やカバー必要です!」
羽毛ふとんのダニを取るのに必要と、高額の掃除機やカバーなどを押し付ける業者もいます。
普通のおふとんでも、表面についたダニなら家庭用の掃除機で十分対応ができますので、必要ありません。
また、湿気取りカバーも不要です。
●有名メーカーや寝具店のように装う!
例えば、「○○の方から来ました。」などと、有名メーカーや寝具店のように錯覚させ、点検や下取り、高額の商品への買い替えを強います。
寝具メーカーがお客様に直接、点検や丸洗い、下取りなどをおすすめすることはありません。
 

≪「おかしい」と感じたら!≫

  ●取り合わないのが一番の対策です。
電話や玄関先でしつこくねばられても、毅然とした態度で断る。
  ●疑わしい電話がかかってきたときは?
相手の正式な会社名や連絡先を聞くこと。教えないときは会わないこと。
しつこい場合は、消費者センターに相談すると言って、はっきり断る。
  ●羽毛ふとんのメンテナンスは?
羽毛ふとんを購入したお店やメーカーに問い合わせ、相談を。
寝具メーカーは直接消費者に点検セールスの電話をしないので、はっきり断わる。
 

≪もし、契約してしまったら!≫

8日以内なら、取り消しができます!

  クーリング・オフ制度により、契約した後でも、8日以内で代金3,000円以上なら、キャンセルできます(但し、営業所以外の場所で契約した場合)。
  契約の際に、「キャンセルはしません」と署名、捺印させられていても、クーリング・オフ制度は適用されます。
  商品の梱包や袋を開けたり、捨てたりした場合でもクーリング・オフ制度は適用されます。

Japan Futon Manufacturers Association