睡眠生理とは

● サーカディアンリズム

不思議なことに、私達は朝になると自然に目が覚めたり、夜になると次第に眠くなったりします。これは、私達の身体の中に「体内時計」がセットされているからです。私たちの身体には、生まれつき約24時間(24.9時間との報告がある。)の周期的リズムが備わっていて、睡眠と覚醒を繰り返しています。これをサーカディアンリズム(日周リズム)と呼んでいます。 1日の体温やホルモンの変化を見るとこの図のようなリズムがあります。
つまり、夜になると体温が下がり始め、また、アドレナリンや副腎皮質ホルモンといった覚醒や活動性に関係するホルモンの低下が始まり眠くなります。一方、成長ホルモンは睡眠中に活発に分泌され、夜10時〜午前2時がもっとも活発となります。皮膚の形成や新陳代謝の働きもこの時間帯が盛んです。昔から「寝る子は育つ」とか、「美人は夜つくられる」とか言われるのはこうした理由からです。

参考文献:産調出版「眠りの癒し」

●レム睡眠・ノンレム睡眠

生活のリズムは大変大切です。睡眠にも似たようなリズムがあります。「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という2つの質の違う眠りの繰り返しです。右の図は、一般的な睡眠のリズムを示した図です。

 

・レム睡眠 <身体の眠り=ぐったり眠る状態>
レム睡眠は、急速眼球運動(Rapid Eye Movementの頭文字REMからレム)を伴う睡眠と言う意味であり、眠 っていても閉じた瞼の下で眼球がキョロキョロ動いている眠りの段階です。身体はぐったりとしているのに、脳は覚醒に近い状態になっていて夢を見ていることが多い眠りです。レム睡眠は大脳を活性化するための眠りです。

・ノンレム睡眠 <脳の眠りと言えます=ぐっすり眠る状態>
ノンレム睡眠は、レム睡眠でない眠りと言う意味で、うとうとした眠りから深い眠りまでの4段階に区分できます。
ノンレム睡眠は、大脳を鎮静化するための眠りです。


◎ 健康な成人では、この2種類の眠りが約90分サイクルで繰り返されます。
特に大切な眠りは、はじめの2サイクルで、つまり寝入りばなの約3時間に大変質の良い大切な眠りが出現します。
ノンレム睡眠の段階4の深い眠りまで到達すれば熟睡が得られたことになります。
したがって、質の良い眠りとは、眠っている時間が長ければ良いのではなく、如何にこの深い眠りを得るかと言うことです。
まず、自分の眠りのサイクルを知ることが、「良い眠り」を探求する第1歩です。

 
Japan Futon Manufacturers Association